車検と整備の違いを知っておくと非常に便利

車検と整備の違いは何か

車検は新車の場合は3年目に、それ以外は2年に一度受けます。車検は10万円前後のお金がかかってしまうため、なぜわざわざ高いお金を出して受けなければならないか疑問に思っている人も少なくないはずです。

車検は、保安基準に適合しているか見るものになります。保安基準に適合していれば車検を罰することが可能です。ここで勘違いをしやすいのは、整備と車検の違いになります。車の整備を普段からしているので車検は必要ないと考えるいる人もいるでしょう。

基本的に車検と整備は違うものです。整備をすることで車の故障をなくしたり事故を防ぐことができますが、車検は保安基準に適合しているかを見るだけです。保安基準に適合しており車検に通ったとしても、翌日故障する可能性があります。逆に、いくら定期的に整備をしており、完ぺきに近い状態でも、保安基準に適合していないパーツがついていたりすると車検をクリアすることはできません。

車検を受ける時の料金に注意

車検を受ける時は、それなりのお金がかかりますが、どこで車検を受けるかによって随分と料金が違うことがあります。例えばディーラーは比較的高めに設定されており、カー用品店やガソリンスタンドなどは安く設定されています。その差はおよそ3万円から4万円近くになることも珍しくありません。

この差を考えると、多くの人は安いところで車検を受けたいと思はずです。ですが、ここで注意をしたいのは、ディーラーの車検などは車検のみでなく整備も含まれていますが、安く車検を受けられるところは整備までしてくれない可能性があります。自分で整備をすることができないならば、車検に整理がついてくるかどうかを確認してから車検の申し込みをしましょう。

車検の手続きを速やかに行ううえで、書類の作成に関して、カーディーラーや専門業者などのサポートを受けることが効果的です。