中古車は安価に買える!気持ちのよい自動車購入をしよう

諸費用の発生に注目しておく

車は本体価格だけでなく諸費用もかかってしまうので、中古車を買うときはチェックしておきましょう。車の登録手数料や納車の費用、法定費用と言った金額が発生するのです。納車費用はお店から自宅に持っていく時にかかるものですが、これは購入店によって無料にしてくれるところがあります。

コスト削減したいならお店で行っているサービスに注目しておくといいでしょう。

事故歴があるのか見る

販売している中古車の中には過去に事故を起こしているものもあります。事故車は基本的に普通の中古車よりも安い値段で販売されているので、あまりに安いものだと疑ったほうが良いでしょう。バンパーに傷が入っているものでも、擦ってつけたものなら事故車には該当しないです。

お店では修復歴のある車はちゃんと表記されているので見ておきます。

修復歴があっても破損自体が軽度なものなら購入しても問題ないです。必ずどの部分が壊れていたのかチェックしておきましょう。

走行距離は状態の目安になる

車に取り付けられているメーターは走行距離が表示されています。中古車を買う時走行距離を見れば、どれくらい使われていたのかわかるのです。車の寿命は走行距離が10万キロくらいだと言われているのですが、実際には10万キロ走っていても問題ありません。

普通の自動車の場合40万キロくらいが限界なので覚えておきましょう。初めて中古車を買う場合は、走行距離が3万キロ以下のものにすると良いです。販売価格と走行距離は反比例するので、価格を安くしたいなら5万キロ以上10万キロ未満がおすすめです。

ボルボの中古車は、比較的お手頃価格で購入できる場合も多く、年式や走行距離、装備内容なども考慮しながら選べます。