グランドピアノとアップライトピアノは、何が違うの?

グランドとアップライトどちらが先に出来たのか。

ピアノが出来たのは、1700年頃です。これより前は、チェンバロなどが主な鍵盤楽器でした。チェンバロの形は、グランドピアノと同じです。構造は全く違いますが、同じ鍵盤楽器なので、形をそのまま生かして作られました。当時、とても高価な楽器を所有出来たのは、貴族階級の人達でした。その様な階級の人達ですから、大きな楽器を置いても全く問題ありませんでした。貴族階級以外も楽器が所有出来る様になった時、限られた場所に置くには、グランドは大きすぎるという住宅事情と値段が高すぎるという価格の問題から、グランドよりも小さく、場所を取らない縦型のピアノが、1800年頃から普及し始めました。

決定的に違う点とは

グランドもアップライトも3本ペダルがあります。ダンパーペダル(右側)は、指を離してもダンパーが戻らない様になっていて、音が響きます。このペダルは、どちらも同じです。左側のペダルは、グランドでは、シフトペダルと呼ばれ、鍵盤がズレて打弦する位置を変える事によって、微妙に音を変化させたり、音量を下げる効果があります。アップライトでは、ソフトペダルと呼ばれ、ハンマー全体が弦に近づく事で音量を下げられます。左側のペダルもどちらも似たような効果が出せます。真ん中のペダルは、全く違います。グランドでは、ソステヌートペダルと呼ばれ、直前に弾いたダンパーだけが解放され、その音だけが響きます。アップライトでは、マフラーペダルと呼ばれ、ハンマーと弦の間に薄いフェルトが挟まるように降りて来て、音量をかなり下げる事が出来ます。アップライトが、一般家庭を目的に作られたというのが、ペダルからも良く分かると思います。

スタインウェイは、高級ピアノのメーカーとして広く知られています。特に、演奏会用のグランドピアノが有名です。