見た目や値段以外にも注目!中古車選びで見るべきところ

中古車選びで最初にすること

中古車を選ぶとき、まず見るのは車種だと思います。

欲しい車がどの形なのか、どのメーカーなのか、どのグレードなのか。

そこから始まり、年式、走行距離、装備、程度…と見ていくのが一般的です。

そうしてある程度候補が絞れたところで、次はお値段。予算内で収まりそうな車はないものか…と雑誌なりWebサイトなり店舗で目を皿のようにして探すことでしょう。

中古車の値段はこうして決まる

同じ年式やグレードでも、中古車の値段はピンキリ。「なんでこんなに安いの?」「新車並みに高いよ!」というほど差があります。

大抵は年式と走行距離、外観・内装の綺麗さで値段がある程度決まってきます。

当然、年式が新しく外見が綺麗で走行距離が短ければ高価格になり、古くて距離が伸びていて見た目がボロボロだと安くなります。

外観が綺麗でも中身も綺麗とは限らない

見た目は綺麗でも事故の修復歴があったり、エンジンやミッション、足回りなどの調子が悪いものが稀にあります。

これらは実際に動かしてみたり、下廻りを覗きこんだりしないとわからない事が多いので、店員に尋ねたり、自分でチェックするか知識のある人に見てもらうのが良いでしょう。

そうしないと「新しくて綺麗なのに安い!」と飛びついて落とし穴にはまってしまうかもしれません。

見た目より中身で選ぶべし!

中古車でも綺麗なほうがいいと思うのは当然ですが、車は長く安全に走行できるのが前提です。

外見の綺麗さより機械として正常に動くかどうかを重視し、買ってすぐに修理しなきゃなんてことにならないように、中身がしっかりしている中古車を探すようにしましょう。

中身がいいのにボディに傷があるからと値段が下げられていることも多いですし、安く買って浮いたお金で外見を直せば結果的にお得かもしれません。

ボルボを仙台で購入するメリットとして、様々なタイプの車種が取り扱われている店舗が街中に多く展開されていることがあります。