初心者がロックを演奏したい場合はどの楽器がおすすめ?

簡単な楽器を選びたいのであればベースギター

演奏経験のない人がどんな楽器でもいいから、ロックを演奏してみたいという場合、どの楽器を選ぶのがいいのでしょうか。まず、簡単で演奏しやすいという点を重視して選ぶのであればベースギターがいいでしょう。ベースは、基本的にルート音と呼ばれる、曲を構成している和音の中でもっとも低い曲を弾く楽器です。弾く音はだいたい一つだけなので、コードの音を全部出さないといけないこともあるエレキギターと違い、押さえる場所が少ないので初心者でも弾きやすいのです。ただ、曲の間中、ずっと弾きっぱなしになることが多いので、ドラムと同様に体力、腕力が要求されます。また、曲によっては高度なテクニックを要求されることもあり、その場合はエレキギターよりも難易度が高くなることもあります。

目立ちたいのであればエレキギター

ロックを演奏して目立ちたいという目的で楽器を始めるのであれば、やはりエレキギターがベストということになります。なぜかというとギターソロがあるからです。人気のある楽器なので教則本や教則ビデオも数多く出ていて、そういった点でも初心者は始めやすいといえるでしょう。ただ、どの楽器にも共通していえることですが、ロックギタリストのように滑らかにギターソロを弾くためには、かなり根気強く練習しなければなりません。また、曲の間で音をいろいろと変えないといけないことがあり、そのためにはエフェクターを買いそろえないといけないなど、お金も結構かかることを覚悟しておくようにしましょう。

正式名称をサックスフォーン、金属製の木管楽器の一種です。管楽器製作者サックスの名にちなんだ名称で、元々は吹奏楽の中で木管から金管の音域の橋渡しを目的に製作されました。